ママさんぽ

ママさんぽ

ハピフォト

ママさんぽは、子どもと一緒にママも楽しめる「おでかけスポット」をご紹介!
子どもとのお出かけは事前情報が重要!トイレや子どもとの食事、実際に楽しめるのかどうか?など、
ママライターが実際に子連れで取材したママ目線の「本物の情報」を掲載!
子どもとのおでかけを思いっきり楽しんで!

マガジン掲載スポット

お手軽お気楽♪電車で・歩いて行ける 公園レジャー特集

ママと一緒に初めてのお手軽公園レジャー体験!
太陽と笑顔を満喫できる、お気軽に電車でカンタンに行ける(公園)と(キャンプ場)情報!!

安心安全お手軽な 初めての公園キャンプ

本格的なキャンパーが集まる大自然相手の山や川でのキャンプ場は、小さなお子さんと一緒だと心配。
そんな時は比較的お手軽に電車でも行ける都心に近いビギナー向けのキャンプ場に出掛けてみよう。

公園&キャンプ場 あるある

公園は公共の場として、マナーやルールがあります。ここでは、” ママ” と“ 公園管理者” から聞いた話をもとに、よくある「あるある」話をまとめてみました。

【ママのあるある】編

着衣
  • 足が泥だらけになって、帰りに困ったことがあります。帰りのことも考えて着替えを持っていけばよかった。
  • 水遊びさせるときは、大人ももしものことを考え、濡れてもいいような衣服にしています。例えばクロックス&短パンスタイルとか。子どもだけでなく親も着替えを持っていくと何かと便利です。
  • 小さくても女の子の場合、ハダカは親として抵抗があります。変な目で見ている人や遠くから写真を撮っている人がいたりするので、必ず水着を着用させています。
  • 真夏の炎天下での水遊びは、必ず帽子をかぶらせています。 それと、周辺にある遊具はかなり熱くなっているので注意して見てます。
病気&健康
  • 水遊びの後は必ず家で入浴をさせて、傷口があれば消毒しておくようにしています。
  • 水遊びをすると夏風邪をひくことが多いので、体調の変化を見逃さないようにすることや、遊んだ後は手洗いうがいをするようにしています。
  • 水場で冷えたからでしょうか、子どもの体を起こそうとして急にぎっくり腰になったことがあります。
  • じゃぶじゃぶ池で遊んだ後、子どもが手足口病になってしまいました。※手足口病とは、ウイルス感染によって起こる感染症で、口の中や手足などに水疱性の発疹ができる。
  • じゃぶじゃぶ池では足を滑らせることが多く、転んでケガをしたことがよくあります。
  • 遊び過ぎて、体温低下になってしまいました。水遊びは時間を決めて遊ばせるのが無難です。
やや心配事
  • いったん遊び出すと、楽しくてなかなか終わらないので大変です。
  • 水を飲まないか心配です。
  • 水の中でおしっこしちゃいました。
  • 水鉄砲の使ったあとの水抜きがめんどう。
  • 紫外線の量が多く、子どもの日焼けが気になります。
怖~い体験
  • 2歳の頃に、大きな子どもに突き飛ばされて溺れかけたことがありました。水深10cmでも幼児にとっては溺死する可能性があるということです。
  • 石やコンクリートの尖った「角」でケガをしたことがあります。それ以降、あらかじめ自分の目で確認してから遊ばせています。
  • じゃぶじゃぶ池で滑って水中に頭からつかってしまい、パニックになり溺れそうになったことが。とにかくケガのないように見張っているのが大変です。

【公園管理者のあるある】編

  • オムツの子は遊べないところが多いようです。ただ、常に水が流れている小川のような場所なら、オムツで遊べることもあるようです。
  • 多くの公園は、シャワーも更衣室もありません。できればタオルや着替えを持参することをオススメします。
  • 夏は、日焼け対策、熱中症対策はもちろん、虫よけ対策も忘れずにしてください。子どもだけではなく、ママも日傘や帽子を忘れずに!
  • 水着、タオル、着替え、帽子はあったほうがいいですね。また、日陰が少ないので、ママも日傘や帽子を忘れないようにしましょう。
  • 転んでケガをしても自己責任ですので、注意して遊んでください。携帯電話に夢中になっているママを見かけますが、必要最低限にしましょう。

キャンプ場にも守るべきマナーやルールがあります。じゃぶじゃぶ池と同じように公共の場ですので、注意してください。ここでは、キャンプ場のマナー&ルールに関する失敗やトラブルの「あるある」話をご紹介します。

【ママのあるある】編

服装
  • 長いスカートの裾がコンロに引っかかつて倒れ、危うく子どもが火傷しそうになったことがありました。
  • 黒っぽい帽子を被って林の中を歩いていると、突然スズメバチに攻撃されました。スズメバチは黒いものを攻撃するという習性があると、後から知りました。髪の毛も危険なので、白い服装がオススメです。
  • 雨の日、黄色いカッパを着て炊事場で作業していると、たくさんの虫に襲われて洗い物ができませんでした。黄色の服は、特に夜になるとやたら虫が寄って来るので要注意。
  • 山でのキャンプは長袖が必需品です。虫刺されはもちろんですが、夜や早朝は気温が低くなりますので。
  • 雨、川遊び、炊事場など、靴が濡れることがあるので、替えを用意することをオススメします。濡れた靴のままで過ごしたことがあり、不快な一日でした。
虫や動物
  • 河原でキャンプをしていたときのことです。急に雨が降ったと思ったら、すぐに止んだのですが、その直後テントのライトに恐ろしいほどの虫が群がってきました。もう皆、大パニック。万一のために持参した蚊帳で何とか難を逃れました。
  • 朝食用にと晩のうちに作り置きしていた料理や食材が、朝起きたらカラスに全部食べられていました。それからは必ずクーラーボックスに入れるようにしています。
  • 豚汁を作ってタッパーに入れておいたら、朝になるとタッパーに穴が空いていて、中の豚汁はすっかり食べられていました。どうやらタヌキにやられたようでした。
  • 最低限の動植物の知識は持っておきましょう。毒虫に刺されたときのため、刺抜きに消毒用イソジンなどの薬品や対処法、また保険証のコピーも用意しておくといざという時に役立ちます。
  • 知らないうちに巨大なアリの集団がテントの中に侵入してきて、咬まれたことがありました。どうやらアリの巣の上にテントを張ったようです。地面をよく見てからテントを張りましょう。
  • テントの網戸の閉め忘れは、悲惨な事態を招くことになります。テントで寝ていて、毛虫と一緒に寝ていたこともありました。
お天気
  • 雨の中、テントを設営していたときでした。下に敷くシートがテントより小さくて水がはけなく、大変な思いをしたことがあります。
  • 強風のとき、持参していた細いロープでテントを固定して急場をしのいだことがありました。ロープは何かと便利です。
  • 海岸で野営をしていたとき、台風が来てやばかったことがありました。気象情報は入念にチェックしましょう。命に関わる場合がありますからね。
  • 意外に役に立つのがダンボールです。河原でのキャンプ時など、テントの下に引けば、ごつごつも寒さも防いでくれます。
  • 夏のキャンプでは子供の熱中症対策として、レジャーボックスに氷かアイスノンなど冷却するものを入れておくといいですね。
食事・花火・ゴミ捨て
  • いつもキャンプはバーベキューだと決めていたんですが、あるとき鍋にしてみたら思いのほか簡単にできました。
  • 花火をしていたとき、枯れ草に火が燃え広がり危うく火事になりかけました。花火をするときは安全な広い場所でしましょう。
  • キャンプ場のゴミ出しの時間を聞き忘れ、結局生ゴミを持ち帰ったことがあります。キャンプ場によってはゴミを出す時間が決まっているので注意してください。
嫌~な施設
  • 雨だったのでバンガローのトイレを借りましたが、ドアが風で開くほど粗悪。炊事のできる棟があったけど、残り炭だらけで鉄網はへこんでるし、椅子もないし、テーブルはホコリと砂と蜘蛛の巣まみれ。とにかく何もかも汚く不潔でした。やっぱり事前によく調べてから行くほうが無難です。

【公園管理者のあるある】編

  • キャンプ場では隣にテントを張った人と挨拶をしないのはNGです。挨拶は人間としての最低限のマナー。挨拶することでキャンプ友達になったり、何かのトラブルで助けてもらえることもあります。
  • 山に入って勝手に植物やキノコをとることはルール違反です。中には罰せられることもありますので、絶対にやめましょう。
  • 食後の残飯や汚れを川に流したり、炭の火の粉を捨てるのはやめましょう。キャンプ場で処理方法などを事前に聞いておきましょう。
  • ペットを連れていく場合、ペット同伴が可能か事前にキャンプ場に確かめておくこと。ペットOKのキャンプ場でも、ノーリードは基本的にマナー違反です。また、ペットだけ残してテントやキャビン・コテージを離れないこと。キャンプ場内でのペットによる事故は飼い主の責任となります。
  • キャンプ場内で子どもから目を離すのは危険です。他所のサイトに子どもが勝手に入り込んだりして、迷惑をかけこともあります。

新着情報

 

注目のスポット情報

元気キッズに大人気!室内遊び場スポット!

暑い日や寒い日、雨の日は、外遊びに連れ出すのはちょっと大変。
でも、やっぱり子どもはカラダを使って遊ぶのが一番!
そこで雨の日でも楽しく遊べるオススメの室内遊び場をピックアップ!

まだまだあるよ!オススメおさんぽスポット♪



遊おでかけSPOT MENU

  • 遊園地・プレイスポット・乗り物
  • 公園・遊歩道
  • 博物館・見学施設・公共施設
  • 動物園・植物園・水族館
  • レストラン・カフェ
  • その他

クイックSEARCH

地図検索
他のスポット特集
ママレストラン
プレイグラウンド 室内遊び場特集
happy pool twitter

会員登録&メルマガ登録

会員様限定企画いっぱい!

編集部より定期メルマガ&号外メルマガ配信中!
会員様限定で「豪華プレゼント情報」や「無料モニター」応募のお知らせや「ママレストラン」「離乳食」などの人気コンテンツ情報、ジョッピングSALE情報がGETできます♪

ランドセル家具特集

編集部イチオシ

みんなの手洗い 100万人手洗いプロジェクト

子どもたちの笑顔を守る活動に、読者の皆さんも参加してみませんか?

祝!デザイン賞受賞!!

ハッピープールれんらくちょうが第7回キッズデザイン賞特別賞を受賞しました。

ピーター・ウォーカー公認講師になりませんか?

「ピーター・ウォーカー公認発達を促すベビーマッサージ講師」をご紹介します!

園定期便
ハッピープールショッピング 保育園向けカテゴリ
スキを学ぶ、スキなときに学ぶ mamanabi
写真掲載・販売サービス photomotto
特別なソフトは不要で初心者の方でも安心!デジカメプリント・写真プリント・写真現像・DPEをオンラインで注文できる『ハッピープールのデジカメプリント』なら、高品質な写真を自宅やオフィスに郵送でお届けします!
保育士求人NAVI