happypool 会員募集
検索

カテゴリー

  • グルメ
  • 名入れ
  • その他
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※冬季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年12月28日〜2018年1月4日を冬季休業とさせて頂きます。
12月27日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては、1月5日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 > 子どもが癇癪(かんしゃく)を起こす理由って? 効果的な接し方は?


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

子どもが癇癪(かんしゃく)を起こす理由って? 効果的な接し方は?

子どもが癇癪(かんしゃく)を起こす理由って? 効果的な接し方は?

子どもはしばしば癇癪(かんしゃく)を起こすことがあります。
子どもに癇癪を起こされるとイライラしてしまったりして、対応に困ってしまうパパママも多いのではないでしょうか。
子どもが癇癪を起こす原因や、癇癪を起こした子どもへの上手な接し方を確認しておきましょう。


子どもの癇癪って?

子どもは、突然癇癪を起こすことが多いです。さっきまで穏やかに過ごしていたのに、突然癇癪を起こされると周囲の人はドキッとしてしまいます。
外出先で床にひっくり返るほどの癇癪を起こされて、慌ててしまった経験があるパパやママもいるのではないでしょうか。

突然大声を上げて泣いたり、周囲に響き渡るほどの奇声を発したりするほか、ものを投げたり、周囲の人を叩いたり蹴ったりする場合もあります。
神経質で癇癪を起こしやすい子、あまり癇癪を起こさない子と、個人差は大きいです。癇癪のピークは2歳から4歳頃で、年齢とともにおさまっていく傾向にあります。


子どもが癇癪を起こす理由

子どもは、成長とともに自我や欲求を持つようになります。

しかし、子どもはまだまだ体を思い通りに動かせませんし、言葉で上手に伝えることもできません。
子どもが頭のなかで思い描く「こうしたい」という理想と、それがうまくいかないというギャップ。
これが癇癪の大きな原因です。

また、すぐ疲れて眠くなってしまい、癇癪を起こしてしまうこともあります。
さらに、なかには環境の変化で癇癪を起こすようになる子どももいます。
特に気をつけたいのは保育園や幼稚園への入園のタイミング、そして下に兄弟ができたタイミング。環境の変化によるストレスや、うまく思いを伝えられないストレスが、癇癪につながってしまうのです。


子どもの癇癪にはどう接したら良い?

子どもの癇癪にはどう接したら良い?

癇癪を起こしてしまった子どもに対し、大声で罵倒したり突き放したりという接し方は止めましょう。
罵倒や無視は、子どもの自我の形成に影響を及ぼす恐れがあります。
泣きわめく声や奇声はパパやママにとってイライラの原因になってしまいがちですが、グッとこらえて対処するようにしてください。

癇癪を起こした子どもに対しては、気持ちを代弁してあげるのが効果的な接し方です。
「こうしたいんだよね」「これがイヤなんだよね」と声掛けをすれば、子どもは「理解してくれている」と感じ、落ち着きを取り戻すことが多いです。
肌が触れるだけで子どもは安心感を覚えるものなので、子どもを抱きしめてあげるのも良いでしょう。

癇癪持ちの子どもを持つパパやママは「ずっとこうなのかな?」「攻撃的な性格になってしまうのでは?」と心配してしまいがち。
しかし、癇癪は成長の一過程です。子どもの精一杯の主張に、きちんと向き合ってあげることが大切です。