会員登録/修正
検索

カテゴリー

  • グルメ
  • 名入れ
  • その他
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※冬季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年12月28日〜2018年1月4日を冬季休業とさせて頂きます。
12月27日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては、1月5日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 > 子どもの自転車練習、親子で楽しみながら上達するコツとは?


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

子どもの自転車練習、親子で楽しみながら上達するコツとは?

子どもの自転車練習、親子で楽しみながら上達するコツとは?

小学校入学を前に、子どもの自転車の練習を始めるご家庭も多いのではないでしょうか。
子どもが自転車に乗る感覚をつかむためには、実は補助輪無しの状態から始めるのがポイント。

今回は、子どもが安全で楽しく自転車に乗れるようになるためのコツをご紹介します。


バランス感覚を養うための練習方法は?

始めての自転車の練習は、自転車に乗ってバランスを取る感覚を養うところから始めましょう。
まずは補助輪のない状態でまたがり、地面を蹴って飛ぶようにしながら進んでみてください。
後ろから軽く押してあげると乗り物に乗って進む感覚をつかむことができます。前からハンドルの中央を持って、引っ張りながら練習しても良いですね。

最初のうちは怖がって足元を見てしまうかもしれませんが、地面を見ながら走ると安定感を失くして転びやすくなってしまいます。
しっかり前を見てペダルをこぐよう促しながら練習を続けましょう。


「ペダル無し二輪車」を活用してみよう

自転車の練習で大切なのは、いかにバランスを取りながら進むかということ。
上でご紹介した方法が上手くいかない時は、最近人気を集めている子ども向けの「ペダル無し二輪車」を活用してみましょう。

ペダル無し二輪車は、足蹴りバイクと呼ばれることもある、ペダルがついていない小さな自転車のこと。
地面に足がつく状態でまたがって両足で蹴りながら遊んでいると、自転車を乗りこなすためのバランス感覚が自然に身についていきます。
少しずつ足を離して進めるようになってきたら、補助輪を外した自転車にステップアップしていきましょう。


楽しく練習するためのコツは?

楽しく練習するためのコツは?

子どもが自転車に乗れる楽しさを体験するまでは、何度も失敗をくり返すことでしょう。
この時大切なことは、根気強く練習に付き合ってあげて、少しでも上達した時はたくさん褒めてあげるということ。

練習をサポートしているママとしては、もどかしい場面も多いものです。

また、何度も失敗していると子どもが投げ出してしまうこともあるでしょう。
ですが何度も失敗しているところを怒ったり、無理に練習させたりすると、子どもはやる気をどんどん失くしてしまいます。
自転車の練習は、大げさなぐらいに褒めながら楽しく進めていくのがおすすめです。
子どものやる気を上手に引き出しながら練習を進めれば、早く自転車を乗りこなせるようになることでしょう。


ケガに注意しながら練習を進めよう

ほとんどの子どもは、自転車に乗れるようになるまで何度も失敗して上手になっていきます。
ですが大きなケガにだけは十分注意しておく必要があります。

自転車の練習をするときにはヘルメットに加えて、長袖長ズボンでケガ対策をしておきましょう。
長袖長ズボンで練習をすれば、ころんだ時にヒジやヒザを擦ってしまうことが少なくなり、子どもも痛い思いをせずに済みます。
「転んでも大丈夫なんだ!」という気付きは、子どもの自信につながるはずです。

せっかく自転車の練習をするなら、親子で楽しみながら進めていきたいですよね。
親子そろって楽しくサイクリングができる日を目指して、子どもと一緒に練習を重ねていきましょう。