会員登録/修正
検索

カテゴリー

  • グルメ
  • 名入れ
  • その他
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※冬季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年12月28日〜2018年1月4日を冬季休業とさせて頂きます。
12月27日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては、1月5日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 > 子連れで結婚式に参加するママの持ち物&マナーについて


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

子連れで結婚式に参加するママの持ち物&マナーについて

子連れで結婚式に参加するママの持ち物&マナーについて

親族や友だちから結婚報告があると、幸せな気持ちになれますよね。
人生の新たな門出をお祝いするためにも、ぜひ結婚式に参加したいところですが、幼い子どもを連れて行くとなると、ママの負担も大きくなるもの。

「お子さんと一緒に!」と招待された場合、どんなことに気をつけて参列したらいいのでしょうか?
今回は、子連れで結婚式に参加するときにママがおさえておきたい持ち物やマナーについてご紹介いたします。


子連れで結婚式に参加! ママが知っておきたい持ち物・マナー

・披露宴中の授乳や食事について事前に相談する
子連れで親族や友だちの結婚式に参加する場合には、子どもの年齢に合わせていつも使用しているアイテムやおやつを持参しましょう。
乳児の場合には、粉ミルクや授乳ケープ、離乳食、おやつなどを用意しておきます。
赤ちゃんがミルクをこぼした場合、すぐに周囲を拭けるようにするためにも厚手のタオルなども持参すると安心です。

また、2〜5歳頃の子どもの場合は、式場で子ども用のメニューを用意してもらうのか、または食事を持参するべきかを前もって新郎新婦と話し合っておきましょう。

・子連れ結婚式に必要な持ち物は?
女性ゲストが結婚式に参加する場合、大きなバッグを会場に持ち込むのはNGとされていますが、子連れゲストの場合には容認してもらう必要があります。
招待状やカメラなどの結婚式に必要な持ち物に加え、子どものお世話に必要なアイテムをマザーズバッグに整理して持ち歩きましょう。
おむつとおしり拭きの他、万が一のときに備えて着替えや汚れ物を入れる袋も用意しておくことが大切です。

また、挙式や披露宴を通しで行うと数時間になるため、子どもは式の最中に眠ってしまうこともあります。
子どもが寝ても対応できるよう、抱っこひもやブランケットも持ち歩きましょう。
他にも、子どもの退屈しのぎになるような、お気に入りのぬいぐるみや絵本、小さくて音の出ないおもちゃなども用意しておくと安心です。

・ママと子どもの服装はどんなものがいい?
子連れで結婚式に参加するとき、意外と迷ってしまうのがママと子どもの服装の選び方です。
いくら子連れとはいえ、あまりにカジュアルすぎては会場内で浮いてしまうため、ママはフォーマルな服装を心掛けましょう。
子どもが授乳期の場合、すぐに授乳ができるよう前開きのワンピースや、授乳口付きのドレスがベストです。
足元には、本来ならばヒールのある靴を履きたいところですが、フラットシューズやローヒールのシューズを選びましょう。

また、とくに悩んでしまう子どもの服装ですが、サイズがきちんと合っていてフォーマルな雰囲気のものであればOKです。
よそ行き風のオシャレなスーツやドレスを用意してあげましょう。

・子連れで結婚式に参列するときのマナー
結婚式が中盤になると、じっと座っていることに飽きて騒いでしまう子どもは少なくありません。
結婚式のひと時を台無しにしてしまうことのないよう、子どもがぐずり始めたら落ち着くまで会場の外で様子を見ましょう。
気が紛れるようなアイテムを用意しておけば、意外と静かに過ごせることもあります。

また、結婚式の会場内で授乳やおむつ替えをするのは、周囲への迷惑になるため要注意。
状況に応じて、別室や化粧室などを臨機応変に活用しましょう。


おしゃぶりを卒業させるタイミングは?

親族や友だちの結婚式は楽しいものですが、子連れで参加するとなると不安もあるでしょう。
子どもがぐずったりトイレに行きたがったりしたときに、サッと外に出られるよう出入り口に近い位置に席を用意してもらうという方法もあります。

何が起こるか分からないからこそ、事前に新郎新婦に相談しておきましょう。