会員登録/修正
検索

カテゴリー

  • グルメ
  • 名入れ
  • その他
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※冬季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年12月28日〜2018年1月4日を冬季休業とさせて頂きます。
12月27日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては、1月5日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 > 赤ちゃんのお茶デビューはいつ? タイミングと種類について


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

赤ちゃんのお茶デビューはいつ? タイミングと種類について

赤ちゃんのお茶デビューはいつ? タイミングと種類について

暑い季節になると、赤ちゃんの水分不足や脱水症状が気になるという方も多いでしょう。
母乳やミルクをあげているとはいえ、赤ちゃんの大量の汗を見ると心配になってしまいますよね。
赤ちゃん用品売り場に行くと、赤ちゃん用の麦茶などが売られていますが、中には生後1か月頃からOKという商品も見かけます。

このように赤ちゃん用の麦茶を見たり、周りの赤ちゃんがお茶を飲んでいたりすると、「すぐにでもお茶を飲ませるべき?」と悩んでしまうこともしばしば。
赤ちゃんのお茶デビューは、どのタイミングがベストといえるのでしょうか。 

今回は、赤ちゃんのお茶デビューのタイミングやメリット、飲ませるお茶の種類についてご紹介します。


赤ちゃんのお茶デビューは“離乳食開始頃”が目安

生後1か月頃から飲める赤ちゃん用の麦茶もありますが、基本的には母乳やミルクで十分に水分や栄養が補えているため、無理に急いでお茶を与える必要はないと言われています。
あまりに早く麦茶を与えてしまうと、栄養補給に必要な母乳やミルクの摂取量が減ってしまうため注意が必要です。

一般的に、赤ちゃんのお茶デビューの目安になっているのは、生後5〜6か月頃の離乳食が始まるタイミングです。
離乳食を食べていると喉が渇くこともあるため、食事中の水分補給として少しずつ与えてみるといいでしょう。


お茶デビューに適した“お茶の種類”とは?

ひと口にお茶と言ってもさまざまな種類がありますが、赤ちゃんに与えるお茶はノンカフェインであることが大切です。
カフェインは赤ちゃんの体にとって刺激が強く、寝つきを悪くしたり、興奮を高めたりする恐れがあります。

緑茶やほうじ茶、ウーロン茶などはカフェインが含まれているため、赤ちゃんに与えるお茶は、ノンカフェインの“麦茶”がおすすめです。
パックやペットボトルに入っている赤ちゃん用の麦茶の他にも、自宅で煮出して作れる紙パックの麦茶などもあるため、上手に活用していきましょう。


赤ちゃんにお茶を飲ませるときの方法とは?

はじめてお茶を飲ませるときには、コップや哺乳瓶で与えるのではなく、まずはスプーンですくって口の中に入れてあげましょう。
これまで母乳やミルクしか飲んでこなかった赤ちゃんにとって、麦茶の風味やわずかな苦みは、驚きにつながってしまう可能性があります。

スプーン1杯程度の少量から始めて、徐々にお茶の味に慣れさせてあげることが重要です。


外出時や暑い日の水分補給にお茶を活用しよう

赤ちゃんとの外出中には、ベストなタイミングでミルクをあげられないときもありますよね。
とくに夏場のお出かけでは、水分不足が気になります。

赤ちゃんの水分不足や脱水症状を防ぐためにも、外出の際にはお茶を清潔な水筒に入れて持ち運んでおくと、いつでも手軽に水分補給ができます。
公園へのお出かけやショッピング中、ドライブ中などにお茶での水分補給を活躍させましょう。


おしゃぶりを卒業させるタイミングは?

赤ちゃんが母乳やミルク以外のものを口にできるようになると、成長を感じることができ、親としては嬉しい気持ちがありますよね。
しかし、赤ちゃんが麦茶を嫌がった場合には、無理に与えてはいけません。

麦茶の味を薄めたり、母乳やミルクを与えたりしながら上手にお茶デビューのタイミングを見測りましょう。