会員登録/修正
検索

カテゴリー

  • グルメ
  • 名入れ
  • その他
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※冬季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年12月28日〜2018年1月4日を冬季休業とさせて頂きます。
12月27日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては、1月5日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 > 【使いやすさが大切】子どもの水筒を選ぶ時のポイント


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

【使いやすさが大切】子どもの水筒を選ぶ時のポイント

住みやすい街はここ! 街の特徴と通勤エリア

遠足やお散歩、外遊びなど幼稚園・保育園に入るとさまざまな行事で体を動かします。
栄養補給に必要なお弁当はもちろんですが、こまめな水分補給に欠かせないのが水筒です。
しかし、子どもの水筒選びは保冷などに優れているものを選ぶだけでなく、使いやすさや成長にあったものを選ぶことが大切。

今回は、子どもの水筒を選ぶポイントについてご紹介します!


水筒の素材は?

市販の水筒のほとんどは、子ども用も大人用もプラスチック製かステンレス製になります。

プラスチックの水筒はなんといっても軽く、子どもの好きなキャラクターものの種類が多いというのが最大のメリット。
ただし保冷効果はほとんどなく、夏場は中身の温度が上がってしまい劣化してしまうこともあります。
また振り回したり落としたりした時に、割れてしまうこともあるため注意が必要です。

これに対してステンレスの水筒は保冷効果が高く、破損の心配も少ないのですが、プラスチックの水筒よりも重さがあります。
とはいえ最近は軽量の水筒も増えていますので、こういったものを選べば子どもも持ち運びやすいですね。


水筒の容量は?

子どもが一日の間に摂る水分の量は、意外と多いもの。
夏場なら500〜600ml程度必要になるので、容量のある水筒を用意しましょう。

大きな水筒は扱いにくいのが悩ましいところですが、子どもが飲む量に合わせた水筒を選ぶことが大切です。
水筒が空になったらお茶を補給してくれる園もあるので、そういった場合には少し小さめの水筒を用意しても問題ありません。


水筒の飲み口は「成長に合わせて」が◎

子どもの水筒の飲み口は、直に口をつけて飲むタイプ、コップタイプ、ストロータイプなどがあります。
最近では、直飲みとコップ飲みの両方ができる、2WAYタイプの水筒も人気です。

ただし小さな子どもは、注いでから飲むコップタイプは動作が難しく、使いこなせないことがあるので注意しましょう。
ストロータイプは子どもにとっては使いやすいのですが、パーツをはずしてキレイに洗うのは少し大変なので、菌が繁殖しないように丁寧に洗ってあげてくださいね。

また、周りのお友達がコップ付きの水筒などに切り替えると、自分も使いたいとおねだりをしてくることもあるはず。
そんなときはお家でしっかりとコップの使い方を練習して、ワンランク上の水筒をプレゼントしてあげましょう。


水筒の形に指定がある場合もあるので注意!

園によっては、水筒の形に指定がある場合もあるので、事前確認は必ずしておきましょう。
給食の時に使いやすいコップ付きの水筒のみOKという園や、直に口をつけるタイプの水筒は不衛生なので禁止という園もあるため、入園前の購入は独断で決めないほうが無難です。

また、お出かけができるようにヒモ付きの水筒が必要というパターンもあります。
「新入園の前に水筒を購入したら禁止されているタイプのものだった」という失敗が起きないよう、注意事項はしっかりと把握しておきましょう。


ポイントは「位置」縦抱き抱っこひもの正しい使い方

シーズンや成長に合わせても使い分けが必要な水筒。
子どもの園生活をサポートするためにも、しっかりとポイントを押さえて選んであげましょう!