会員登録/修正
検索

カテゴリー

  • グルメ
  • 名入れ
  • その他
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※冬季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年12月28日〜2018年1月4日を冬季休業とさせて頂きます。
12月27日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては、1月5日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 >要注意! 子どもがかかりやすい「三大夏風邪」とは?


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

要注意! 子どもがかかりやすい「三大夏風邪」とは?

要注意! 子どもがかかりやすい「三大夏風邪」とは?

夏の子どもの体調管理で注意したいのは、熱中症や食中毒だけではありません。
「風邪やインフルエンザが流行する冬は終わったから」と油断していると、夏特有の感染症にかかってしまう可能性もあります。

体の抵抗力が弱い小さな子どもは、特に夏風邪にかかりやすいもの。
今回は、子どもの夏風邪を予防するためにパパやママが覚えておきたい知識をご紹介いたします。


夏風邪の正体は?

子どもがかかりやすい夏風邪の正体は「手足口病」「プール熱(咽頭結膜熱)」「ヘルパンギーナ」といった感染症です。
これら3つをあわせて「三大夏風邪」と呼ばれています。

1人の子どもが感染すると、保育園や幼稚園などで爆発的に流行してしまうことも少なくありません。
それぞれの病気ごとに原因となるウイルスが数種類存在するため、ひと夏に数回同じ病気にかかってしまうことも。

また、夏風邪の原因となるウイルスには効果的な予防接種や特効薬がなく、対症療法が基本となります。


三大夏風邪の症状

三大夏風邪のそれぞれの症状や主な感染経路は以下の通りです。

・手足口病
コクサッキーウイルスA16・CA6、エンテロウイルス71などが原因となって起こる感染症。潜伏期間は3日から6日程度です。
多くの場合発熱は38度以下の微熱ですが、手のひらや足の裏、口内などに痛みやかゆみをともなう水疱ができます。
主な感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫感染や経口感染です。
また、潰れた水疱から出る体液で感染することもあります。

・プール熱(咽頭結膜熱)
主にアデノウイルス3・4・7が原因となって起こる感染症。潜伏期間は5日から一週間。
40度近い高熱が3日から一週間ほど続き、目の充血やのどの腫れを引き起こします。
主な感染経路は飛沫感染や接触感染ですが、消毒が不十分なプールに入ることで目の粘膜から感染することも。

・ヘルパンギーナ
コクサッキーウイルスA2・A4・A5・A6、エコーウイルスなどが原因となって起こる感染症。潜伏期間は3日から6日とされています。
38度を超える高熱と、のどの奥にできる水疱が特徴です。
水疱が潰れると潰瘍となり、飲み物や食べ物を飲み込む際に強い痛みを引き起こすため、食欲不振に陥ってしまいます。


夏風邪を予防するために

夏風邪予防の基本は、冬の感染症と同じく「手洗い・うがい」が基本です。帰宅やトイレの後、そして食事の前には必ず手洗いうがいを行うよう徹底しましょう。
また、万が一感染してしまった場合に備えて体の免疫力を高めておくことも大切です。

暑さで食欲が落ちてしまいがちな季節ですが、規則正しい生活と栄養バランスの良い食事を意識し、健康な身体を育てましょう。



夏風邪を予防するために

子どもの体調を管理する上で注意したい三大夏風邪。
のどの痛みや発熱を訴えるといった普段と違う様子がないか、注意深く様子を見てあげてくださいね。
感染症の疑いがある場合は、はやめに医療機関を受診することが大切です。