会員登録/修正
検索

カテゴリー

  • グルメ
  • 名入れ
  • その他
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※冬季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年12月28日〜2018年1月4日を冬季休業とさせて頂きます。
12月27日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては、1月5日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 > 親の宝物!子どもの成長を記録した「写真」を素敵なアルバムに残そう


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

親の宝物!子どもの成長を記録した「写真」を素敵なアルバムに残そう

親の宝物!子どもの成長を記録した「写真」を素敵なアルバムに残そう

親にとって子どもの成長は、かけがえのない喜びですよね。
お気に入りのおもちゃで遊んでいる様子や、すやすやと寝ているときの表情など、何気ない日々のワンシーンを写真に撮り溜めている方も多いでしょう。

そんな子どもの成長を記録した写真たちは、親にとってのかけがえのない大切な宝物。
せっかく写真を撮っているのなら、携帯やデジカメのメモリではなく、手作りのアルバムで形に残してはいかがでしょうか?
現像をしてアルバムに貼っていくことで、いつでも見返すことができ、大切な宝物としての思い入れが強くなります。

今回は、子どもの成長がより楽しくなる、素敵なアルバムの作り方をご紹介いたします。


まずは写真の選別を! いろいろな表情をピックアップしよう

アルバムに貼る写真を選ぼうとすると、つい子どもがニッコリと笑っているものばかりをチョイスしがちですが、 あえて笑顔以外のものを選ぶことも充実したアルバムにするためのポイントです。

同じような構図の写真で、表情に微妙な違いがある場合には全てを現像して、アルバムの1ページにおさめると、ちょっとした表情の変化が一目で楽しめます。
日頃よくする表情や、何かに一生懸命になっている様子、涙を浮かべているものなど、さまざまな表情の写真をまんべんなく選びましょう。


印刷前にスマホで加工をすると、味わい深い仕上がりに

近頃のスマホは、デジカメも顔負けするほどの高画質写真が撮影できますよね。
それだけではなく、スマホで撮った写真はアプリを使うことで、簡単に加工できるのも嬉しいポイント。
スタンプを押したり、吹き出しをプラスできることはもちろん、味わい深いセピアカラーや、ヴィンテージ感のあるモノクロ写真の加工もとっても簡単です。

写真加工の初心者さんでも操作が簡単にできるアプリはたくさんあるので、印刷前に加工をしておくと、アルバムに貼ったときのオシャレ度がグンとアップします。
とくに、背景がシンプルな写真などをセピア・モノクロに加工するのがおすすめです。


「ポケット」「タイプ」「スクラップ」? アルバムのタイプにも注目

アルバムといってもその種類はたくさん。
手軽に作りたい場合には、写真を入れていくだけのポケットタイプが、オリジナリティを詰め込みたいという方には、粘着式のタイプアルバムや書込み自由のスクラップブックがおすすめです。

ポケットタイプは、写真を入れたり取ったりすることができるのも魅力の1つ。
別のアルバムに移動させたいときや、写真だけを持ち出したいときに便利です。
装飾はしにくいとも思われがちですが、ポケットタイプのアルバムでもオリジナリティを出すことはできます。

色紙をポケットに入るくらいのサイズに切り、そこに文字を書いたりシールを描いて、ポケットに入れればOK!
写真の思い出エピソードなどを書いておきましょう。
また、はじめから自由度の高いタイプアルバムやスクラップブックを使うときには、写真を切り抜いたりマスキングテープを使ってカラフルに仕上げるのが◎

写真はぎっしりと一面に貼りつけるのではなく、余白を作っておくと後から文字や絵を書き込むことができますよ。
表紙や背表紙などのデコレーションにもこだわって、世界に1つだけのアルバムを作りましょう。

「ポケット」「タイプ」「スクラップ」? アルバムのタイプにも注目

アルバム作りは、ママやパパの大切な仕事の1つです。
子どもが大きくなったときに、家族全員で笑いながら見られるような素敵なアルバムを作りましょう。