検索
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※夏季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年8月11日〜16日を夏季休業とさせて頂きます。
8月10日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては8月17日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 >赤ちゃんが発熱した! 看病のコツと熱の原因とは?


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

赤ちゃんが発熱した! 看病のコツと熱の原因とは?

赤ちゃんが発熱した! 看病のコツと熱の原因とは?

「昨日までは元気に過ごしていたのに、今日になっていきなり熱が出た!」というように赤ちゃんの急な発熱には困惑してしまいますよね。
しかし、赤ちゃんの体調は移り変わりが激しいため、いきなり体温が上がることも珍しくありません。
つらそうにしている赤ちゃんを見ていると、胸が苦しくなって慌ててしまいますが、ここは一度冷静になって症状の見極めや正しい看病に専念することが大切です。

赤ちゃんの急な発熱があってもきちんと対処できるように、前もって知識をつけておきましょう。

生後6か月を過ぎると発熱しやすくなる

生まれてから6か月までの赤ちゃんは、ママからもらった免疫力によってウイルスや風邪などから体を守ることができますが、この力も次第に弱まってしまいます。
およそ生後6か月を過ぎると、この免疫力が少なくなってしまうため、風邪や病気にかかりやすくなってしまうのです。

とはいえ、高熱が出ているからといって風邪や病気だと言い切れないのも赤ちゃんの特徴。
赤ちゃんは大人に比べて基礎体温が高いため、たとえ37.5度以上の熱が出ていても、衣服の着過ぎや室温が高いことが原因となっていることがあります。

このような場合には、服を1枚脱がせてみたり、室温を調節したりして様子を見てみましょう。
また、赤ちゃんの体温は変化しやすいため、1時間に1回は体温を測り直すことも大切です。

赤ちゃんの発熱でよくある原因3つと看病方法

1. 風邪
生後6か月を過ぎると、ウイルスに感染したり風邪を引いたりしやすくなるため、これが原因で発熱していることがあります。
風邪の場合には病院の受診が必要ですが、この見極めが難しいところ。ただの体温上昇と風邪の見極めは、食欲や表情、38度以上の高熱で判断します。
これらの様子が見られたときには、速やかに病院へ連れて行くようにしましょう。
また、風邪を引いているときには入浴を避けて、熱が上がりきるまで体を温めてあげることが大切です。
汗をかいていたら、お湯で濡らしたタオルで優しく拭いてあげることもポイントです。

2. 離乳食
離乳食を始めた頃にも発熱の症状がよく見られます。
これは、慣れない固形物を食べたことで一時的に胃腸に負担が掛かってしまい、免疫が下がってしまうため。

また、これまでは母乳によって受け取っていた、ママの免疫が少なくなってしまうことも原因の1つだといわれています。
離乳食を始めたときに発熱が見られたときには、いったん与えるのをストップして母乳やミルクに切りかえましょう。

3. 突発性発疹
赤ちゃんの発熱原因として意外にも多いのが、この突発性発疹です。
これは、38〜39度の高熱が3〜4日程度続き、熱が下がり始めたころにポツポツとした発疹ができてしまうという病気です。
この突発性発疹は実に多くの赤ちゃんがかかるといわれていて、とくに1歳までの間にかかることが多いようです。

自然に治っていくものではありますが、ママやパパが突発性発疹だと判断することは難しいため、38度以上の高熱が出た際には、病院を受診することが大切です。

自我が芽生え始めた赤ちゃんへのママやパパの上手な接し方

赤ちゃんを抱っこしたときに体が熱かったり、急に元気がなくなったりしていると「どうしよう!」と焦ってしまうものですが、赤ちゃんの健康を守るためには、ママやパパが冷静になって判断や看病をすることが大切です。
こまめに赤ちゃんの体調や機嫌を見て、看病をしてあげましょう。