検索
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※夏季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年8月11日〜16日を夏季休業とさせて頂きます。
8月10日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては8月17日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 > 赤ちゃんが夜泣きするのはなぜ? いつおさまるもの?


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

赤ちゃんが夜泣きするのはなぜ? いつおさまるもの?

赤ちゃんが夜泣きするのはなぜ? いつおさまるもの?

赤ちゃんは泣くのが仕事だともいわれていますが、毎晩続く夜泣きにはママも困ってしまいますよね。
泣き止ませようと抱っこをしてあやしたり、音楽を聞かせたりと工夫をしてもなかなか寝てくれないとママのほうこそ悲しくなってしまいますが、一体赤ちゃんの夜泣きはなぜ起きるのでしょうか。

今回は、毎晩の夜泣きにお困りのママに向けて、赤ちゃんの夜泣きの原因と夜泣きの始まりや終わりの時期、対処法などをあわせてご紹介いたします。

赤ちゃんが夜泣きする理由とは?

すやすやと安らかに眠っている赤ちゃんの寝顔を見ていると、こちらまで安らかで幸せな気持ちになるものですが、突然夜中に目を覚まし大きな声で夜泣きをすることがあります。
もちろんこれは仕方ないものですが、マンションやアパートに住んでいたり、ご近所同士が近かったりするとママとしては迷惑なのではないかと気になってしまうことでしょう。

あわせて昼間も赤ちゃんのお世話と家事を両立するママにとって、夜にきちんと睡眠がとれないことは体力の消耗につながり、どんどんと疲労も溜まってしまいます。
そんな困った赤ちゃんの夜泣きですが、この原因はまだハッキリとは分かっていません。

そもそも夜泣きには個人差もあり、毎日毎晩起こる赤ちゃんもいれば、全く夜泣きをしないという赤ちゃんもいるほど。
そんな中でも夜泣きの原因なのではないかと考えられているのは、赤ちゃんの不安やストレス、興奮、睡眠サイクルの乱れ、発達などが挙げられます。

とくに睡眠サイクルの乱れや発達過程にあることは大きな原因として考えられていて、赤ちゃんは体内時計が未発達なため昼と夜を分けることができません。
そのため、睡眠のサイクルを掴むことができず、夜泣きにつながってしまうのです。

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期と終わりの時期とは?

夜泣きする赤ちゃんがいれば、ほとんど夜泣きのない赤ちゃんもいるように夜泣きの始まりと終わりの時期には個人差があります。
早ければ生後すぐから始まり、2歳までには終わることが多いようです。

とくに夜泣きが多くなるといわれているのは生後8ヶ月頃で、先述したとおり睡眠サイクルや発達過程が関係していると考えられています。

赤ちゃんの夜泣きをおさえるためにはどうしたらいい?

抱っこをしてもミルクをあげても泣き止まない赤ちゃんへの対応は体力勝負となりますが、夜泣きを極力避けるためにはいかにして泣き止ませるかではなく、 昼間の過ごし方や寝かしつける前にポイントが隠されています。

まずは、赤ちゃんの睡眠リズムを整えてあげることに注目してみましょう。
朝寝坊をさせ過ぎたり、お昼寝をさせ過ぎると夜になって寝なくなってしまうことがあります。朝はママと同じタイミングで7時前後を目安に起こし、お昼寝の時間もあまりに長くなり過ぎないように気を付けましょう。

また、昼間の間に赤ちゃんを泣かせておくというのも1つの方法です。あわせて外へお散歩に出かけたり体を動かしたりして遊ばせておくと夜にぐっすりと眠ってくれる可能性が高くなります。
さらに、夜に寝かす前は明かりを落として寝やすい環境を作ってあげることも大切です。
寝つけるときにはお腹をさすってあげたり、ベビーマッサージを行ってスキンシップを取ることもポイントの1つです。
ママとの触れ合いをたっぷり取ることで、興奮が落ち着き不安感の解消にもつながります。

子どもが嘔吐したときにとるべき行動は?

赤ちゃんの夜泣きには困ってしまうことも多いですが、いつかは終わるもの。
とはいえ、1人で抱え込まずに時にはパパや家族への協力も頼んで、前向きに向き合っていきましょう。