検索
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※夏季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年8月11日〜16日を夏季休業とさせて頂きます。
8月10日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては8月17日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 >子どもが急に嘔吐した……! 考えられる原因と対処法


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

子どもが急に嘔吐した……! 考えられる原因と対処法

子どもが急に嘔吐した……! 考えられる原因と対処法

自分の体調管理や体の異変に気づくことができる大人と違い、子どもは自分の体調をセルフコントロールすることができません。
とくにまだ小さな子どもなら、なおさらのこと。

「さっきまでは元気でぴんぴんとしていたのに、いきなり嘔吐してしまった」なんてことも起こります。
親としては急な子どもの異変にビックリ&慌ててしまいがちですが、一番困惑しているのは子ども本人。
そんなときには、落ち着いて正しい対処をしてあげることが大切です。

そこで今回は、子どもが急に嘔吐してしまったときに考えられる原因と、適切な対処法についてご紹介いたします。

子どもが急に嘔吐したときに考えられる原因とは?

・風邪や胃腸炎などの病気
子どもにとって「寒い」「暑い」と思っていても、自分だけで体温調節をすることは難しいもの。
そのため、風邪などにかかりやすく胃腸炎などの病気になってしまうこともあります。

とくに胃腸炎やノロウイルスなどは嘔吐を引き起こしやすくなる病気です。はじめのうちは発熱がないことも多いため親も気づきにくいものですが、一緒に腹痛や頭痛を訴えていたり下痢などの症状がある場合には病気を疑いましょう。
また、発熱などがある場合には他の病気の可能性も十分に考えられるため、速やかに病院に連れて行くことが大切です。

・周期性嘔吐症
ストレスと聞くと大人が抱えるものというイメージもありますが、たとえ小さな子どもであっても疲れや緊張によってストレスを感じてしまうこともあります。
このストレスが慢性的なものになったり、疲労が溜まり続けたりすると発症することがあるのが、周期性嘔吐症です。
この症状が出てしまう詳しい原因はまだハッキリとしていませんが、先述している通りストレスや疲れ、風邪、食事などがきっかけになっているだろうといわれています。

夜から朝にかけて嘔吐をする、下痢は起きずに嘔吐のみ、顔色が青白くなる、何度も嘔吐を繰り返すなどの症状が見られた場合には周期性嘔吐症の可能性が高くなります。

・脳震とうや頭の打撲
転んで頭を打ってしまった、泣きすぎて脳震盪を起こしてしまったという場合も嘔吐することがあります。
この場合、頭を打ってすぐに嘔吐があった場合には脳にダメージが及んでいる場合があるためすぐに病院へ連れて行くことが大切です。
また、泣きすぎて嘔吐をしたり、軽く頭をぶつけただけという場合にはしばらく様子を見ておきましょう。


子どもが嘔吐したときにとるべき行動は?

子どもが急に嘔吐した場合には、脱水症状に陥りやすくなります。とはいえ、すぐに水分を与えてしまうとさらなる嘔吐を促すこともあるため、1時間ほど時間をおいてから水分を与えるようにしましょう。
また、病院が閉まっている夜間などの嘔吐の場合、救急外来に連れて行くかなどを迷ってしまいますが、嘔吐が1回きりでおさまったり、吐いた後すぐに元気になった場合にはしばらく様子見をしておきます。

しかし、何度も繰り返し嘔吐したり、発熱や下痢があったりする場合には病院に連れて行きましょう。
とくに高熱が出ていたり嘔吐物に血液などが混じっているときには急いで受診しなければなりません。
子どもの様子や体調、嘔吐物などの状態をしっかりと見極めて、子どもにとって最良の選択をすることが大切です。



子どもが嘔吐したときにとるべき行動は?

子どもの嘔吐の原因ですが、今回ご紹介したもの以外にも便秘や笑い過ぎたりすることで起こることもあります。
子どもは一度嘔吐してしまうと、それだけで心が不安になってしまうもの。

なるべく明るく優しく接してこれ以上不安を抱かせないよう心のケアも同時に行っていきましょう。