検索
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※夏季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年8月11日〜16日を夏季休業とさせて頂きます。
8月10日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては8月17日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 >赤ちゃんの歯が生える前に! 虫歯のない子にするためには?


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

赤ちゃんの歯が生える前に! 虫歯のない子にするためには?

赤ちゃんの歯が生える前に! 虫歯のない子にするためには?

虫歯にかかりやすいか否かは、赤ちゃんの頃にどれだけ丁寧に口の中をケアしていたかに左右されるってご存知ですか?
大切な赤ちゃんの歯は、虫歯になってしまわないようきちんと守ってあげたいものですよね。

今回は、赤ちゃんの歯が生え始める時期や、歯が生えてくるまでに覚えておきたい口腔ケアについて詳しくご紹介します。

乳歯の生える時期はいつごろ?

赤ちゃんの歯が生える時期には個人差がありますが、だいたい生後3ヶ月〜9ヶ月頃に下の前歯が生えてくると言われています。
その後、9ヶ月〜1歳半頃までに前歯が、2歳〜3歳にかけて奥歯がといった順番で徐々に生え揃ってくるのです。

しかし、歯の生え方は個人差が大きいので、なかなか歯が生え揃わないからといって焦る必要はありません。
また、歯が生え始める時期には、歯茎のむず痒さから機嫌を悪くしたり夜泣きをしたりする赤ちゃんもいます。
必要に応じて清潔な歯固めのおもちゃを与えるなどして、普段から歯のケアを意識してあげましょう。


スキンシップが虫歯の感染原因に?

本来、歯が生えていない赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。
つまり、赤ちゃんが虫歯になってしまう原因は虫歯菌の感染ということになります。

生まれたばかりの赤ちゃんとママやパパは、肌を触れ合わせて過ごすもの。
しかし、そんな赤ちゃんとのスキンシップによって、大人の口腔内に存在する虫歯菌が感染してしまうケースはとても多いのです。

赤ちゃんに家族の虫歯菌が感染しないようにするためには、過剰なキスを避けたり、食器類や箸などを分けたりする工夫が必要です。

普段から口腔ケアを心がけよう

赤ちゃんに歯が生え始めたら、赤ちゃん向けの柔らかい歯ブラシを使って磨いてあげるようにしましょう。
授乳や離乳食のあとには、ガーゼなどを使って歯の汚れを取ってあげることも大切です。

さらに、歯の成長に合わせてデンタルフロスやキシリトールタブレット、フッ素ジェルなども取り入れてみることをおすすめします。
また、自治体によっては、歯を守るためのフッ化物塗布を無料や割引料金で受けられる場合もあるため、チェックしておいてくださいね。

普段から口腔ケアを心がけよう

一度虫歯菌がうつってしまえば、その後は一生虫歯のリスクがつきまとってしまいます。
赤ちゃんに虫歯菌をうつしてしまわないよう、パパやママもしっかりと口腔内の治療をしておきましょう。

大人が口腔ケアへの高い意識を持つことが、赤ちゃんの歯を守ることにも繋がります。
虫歯が気にならない場合でも、定期的に歯科を受診して検査を受け、口腔ケアについてのアドバイスを受けておくことが大切ですよ。