happypool 会員募集
検索

カテゴリー

  • グルメ
  • 名入れ
  • その他
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業日

営業時間:10:00〜17:00

※冬季休業のお知らせ※
誠に勝手ながら、2017年12月28日〜2018年1月4日を冬季休業とさせて頂きます。
12月27日 正午以降のご注文、お問合せに関しましては、1月5日より順次ご対応させて頂きます。

▼ポイントについて▼
100円につき1ポイント貯まります!
1回のご注文につき500pointまでご利用になれます

 

トップ > 子育て情報集 >子どものおはしトレーニングを始めるタイミングと方法は?


このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て情報集

子どものおはしトレーニングを始めるタイミングと方法は?

子どものおはしトレーニングを始めるタイミングと方法は?

私たち人間にとって食べることは、生きるための手段である一方で、家族や友人などと会話をしながら時間を共有する楽しみの一つです。
食事に参加するみんながお互いに気持ちよく過ごせるように、食べ方やお箸などのマナーを守らなくてはいけません。

もちろん小さな子どもにとっては、食べる楽しみを味わうことが最優先なのですが、少し大きくなってきたら、おはしの使い方なども家庭のしつけの範囲でしっかり 教えていきたいですね。

今回はママ達が知っておきたい、おはしトレーニングを始めるタイミングや、練習方法などについてご紹介していきます。

子どものお箸トレーニングを始めるタイミング

一般的に子どものおはしのトレーニングは、離乳食が完了する2歳以降といわれています。
しかし、成長のスピードは個人差があるので、2歳を超えてもなかなかトレーニングに到達できないと言うお子さんも居るでしょう。
そんな時「うちの子もうすぐ3歳なんだけど…」なんて焦りを感じる必要はありません。

おはしのトレーニングは早ければ早いほど良いという性質のものではなく、おはしをきちんと動かすことができるように「手指の機能が発達しているかどうか」が重要なのです。
子どものおはしトレーニングは、子どもが大人のおはしに興味を持ち始め、スプーンを鉛筆持ちで握って上手にご飯を食べることができるようになった段階で始めるのがベストです。

子どもの体の準備が整っていないのに無理に大人におはしを強要されてしまうと、子どもの心に深い傷を作ってしまいますし、 おはしはおろか、食べることにも楽しみを見いだせなくなってしまいますので、気を付けてあげてくださいね。


子どものおはしトレーニング方法

子どもが大人とほぼ同じ料理を食べるようになり、ママのおはしをじっと見つめて自分の手を動かし始めたら、それがおはしトレーニングを始めるタイミングです。
子ども用のおはしを一緒に買いに行って、子どもの気分を盛り上げてあげましょう。

いきなり食事におはしを使うのが不安な場合には、小さく切ったスポンジを軽く水で濡らしたものを用意し、疑似食事という形でトレーニングに活用しましょう。
子どもと一緒にスポンジをおはしで掴み、お皿からお皿に移していくトレーニング方法で使い方を学ばせるのがオススメです。

まずはおはし1本を利き手の親指と人差し指、中指で挟んで鉛筆握りにさせて、2本目の端を下から差し込んで、薬指の上に軽く乗せてあげてください。
その状態で上のおはしだけを動かすように、慣れさせていくと、子どもでもスムーズにおはしの持ち方を覚えることができます。
当然のことですが、子どもがすぐにおはしを器用に使えるようになることはありません。

子どものおはしトレーニングは根気よく、親子で楽しく練習をしていきましょう。

子どものおはしトレーニング方法

おはしトレーニングの際は、子どもの苦痛にならないことと、トレーニングに飽きさせないことが大切です。
少しずつおはしに慣れられるよう、どこまでをトレーニングするかを親子で決め、達成したらお菓子やスタンプなどのご褒美をあげるのも良いかもしれません。

お子さんの成長によりそって、しっかりとトレーニングを成功させてあげてくださいね!